【大阪・交野市のヘバーデン結節(指の変形)治療】普通の生活を送りたい方のための鍼灸整体院

完全予約制新規一日2名まで | 受付:9時~20時

「HPを見て…」とお電話ください

072-860-7184

24時間受付中です

Y.Mさん・調理師・40代女性

★よろこびの声・ピックアップ★

知り合いからの紹介で伺いました。パキッともポキッとも痛くもなくても体はちゃんと整うのだな、と思いました。 整骨院へは時々行っていたので『やった感』『手応え』のある施術が好きだったのですが、揉み返しがしんどかったり、首をボキボキされることに不安がありました。こんなに優しい施術で体が整うなら、もうボキボキは要らないなあと思います。 首も楽になりました。首を回しきれて嬉しい。地に足がついて嬉しい。 膝も施術後痛みは出ていないです。痛くないのに、緩やかに整う体。 自分の『心地よい』にまたなれる希望。 本当にありがとうございます。

こんなお悩みはありませんか?

もしあなたが

  • 「手術しかない」と言われたけれど、手術はしたくない
  • 整体や鍼灸などで少しでも楽になるなら試してみたい
  • 「ヘバーデン結節」と言われたけれど、これ以上ひどくしたくない
  • 家族が「ブシャール結節」と診断され、痛そうなのでなんとかしてあげたい
  • 子どもの頃の突き指から「マレットフィンガー」になって痛みが出てきた
  • 病院でレントゲンを撮ったが、「様子をみてください」と言われただけ
  • リハビリを続けているが、結局、痛みも変形も何も変わっていない
  • 痛くて物が持てないし、とても不自由だ
  • 自分で体操をしてるけど、他に何か出来るなら何でもやってみたい
  • 手の指だけだと思っていたら、今度は足の指も痛くなってきた

といったことでお困りなら、

交野市で高い評価をいただく当院がお役に立てます。

あなたと同じような悩みを抱えていた患者さんも今では不調のない生活を取り戻し、やりたいことに存分にエネルギーを注げるようになっているからです。

次はあなたの番です。

院長プロフィール

院長プロフィール

樋口純一 1973年京都生まれ。 幼少期と20代に生死の境をさまよい、健康の大切さを身をもって知る。 それらの経験から、人の健康をサポートすることを目指す。 鍼灸マッサージ師の国家資格取得後は、関西有数の鍼灸整骨治療院でスポーツ障害から自律神経失調症などの幅広い治療を行う。 出張専門で開業後、さらに技術を高めていく。 2010年には、もっと多くの方のお悩みに応えるべく、 通院もできる現在の治療室を交野市に開院する。

ヘバーデン結節(指の変形)の
基礎知識

ヘバーデン結節(指の変形)とは?

当院には、指の変形「ヘバーデン結節」や「ブシャール結節」、「マレットフィンガー」と診断された方がよくいらっしゃいます。

ご存知かもしれませんが、ヘバーデン結節とは、人差し指から小指にかけて、第1関節が赤く腫れたり、変形して曲がってしまう原因不明の病気です。親指に現れることもあります。
第1関節の手の甲側に、関節を挟んで2つのコブ(結節)ができるのが特徴です。

この病気を発見したイギリスのウィリアム・ヘバーデン(William Heberden)医師にちなんで、ヘバーデン結節と呼ばれています。
変形の程度はさまざまですので、発症した全ての人に、強い変形が認められるわけではありません。
※一般的な呼び名としてDIP関節(遠位指節間関節)を第1関節と記載しています。

似たような症状のブシャール結節は、指の第二関節の軟骨が摩耗することで、関節の変形、腫れ、屈曲などが起こります。

痛みは必ず生じるものではなく、中には全く感じない方もいらっしゃいます。

また、突き指などをした後に、指の第一関節が曲がった状態で木槌(マレット)のように曲がった状態になり、痛みや腫れがあり伸びなくなるのをマレットフィンガー(マレット変形)といいます。

マレットフィンガーには、スジ(腱)が切れて起きる腱性マレットフィンガーと、関節内骨折で起きる骨性マレットフィンガーがあります。

ヘバーデン結節やブシャール結節は、一つの指のみならず、多数の指に生じるのも特徴です。いろいろな程度の変形がありますので、すべての人が強い変形になるとは限りません。

指の関節が赤く腫れたり、曲がったりします。動きも悪くなり、痛みを伴うこともあります。親指にもみられることもあります。

また関節の近くに水ぶくれのような透き通ったでっぱりができることがあります。

X線写真で関節の隙間が狭くなったり、関節が壊れたり、骨棘(こつきょく)があれば、へバーデン結節、ブシャール結節と診断されます。

ヘバーデン結節などの指の変形は、一度発症すると日常生活動作にも支障をきたすことが多く、また長期化しやすいため、疑わしい症状がある時にはできるだけ早めに受診し、早期に治療することが大切です。

このサイトではヘバーデン結節などの指の変形のメカニズムや原因、その対処(治療)方法、セルフケアなどを解説させて頂きます。

ヘバーデン結節(指の変形)の症状・病態

第1関節(DIP関節)が赤く腫れたり、変形や疼きといった症状が表れます。
レントゲン写真で関節のすき間が狭くなったり、関節が壊れたり、骨のトゲ(骨棘:こつきょく)が認められれば、へバーデン結節と診断されます。
第2関節(PIP関節)に生じる類似疾患にブシャール結節があります。

第1関節の動きもが徐々に悪くなり、痛みを伴い、手を強く握るのが難しくなります。
第1関節の近くに水ぶくれ(ミューカスシスト/粘液嚢腫)ができることもあります。

➀指先に力が入りにくい
(包丁で硬いものが切れない、容器のふたが開けられない、つまみにくい)
➁第1関節の痛み
(ピリピリやチクチクする、強く握れない、ぶつけたときに激痛が走る)
③第1関節の動きが悪い(特に伸ばす時)
④第1関節が赤い、腫れている
⑤第1関節が変形している、グラグラ動く

こうした症状がみられる場合は、へバーデン結節の可能性があります。

また手のひら側の指の付け根を押さえると痛みを感じる場合は、指の腱鞘炎やばね指も同時に生じている可能性があります。
鑑別する病気としては、乾癬性関節炎(皮膚の発疹を伴う関節炎)などのほかに、最も重要なのは関節リウマチです。

関節リウマチの症状は、
・両側性におこる関節痛や腫れ(腫脹)、
・炎症による体のだるさ、
・朝のこわばりなど、
から起こることが多いのですが、手指の場合の発症部位は手関節(手首)や指ではPIP関節(第2関節)、MP関節(第3関節)のことが多く、第1関節に起こることはほとんどありません。

またX線でもリウマチの場合は骨が炎症によって溶けていくのに対して、
へバーデン結節では、骨が負担などにより増殖している(骨棘など)像が診られるため、区別することができます。

へバーデン結節の場合の痛みは、ある一定期間を過ぎれば治まることも多いのですが(多少変形は残りますが)、関節リウマチは進行性の多関節炎ですので、診察やX線検査のほかに、血液検査などを行うことで早期に診断し、早期から治療することが重要であると言われています。

指の変形、痛みが何の病気で起こっているのかを診断してもらうことが重要です。

なぜヘバーデン結節(指の変形)になってしまうのか?

現在の西洋医学で、ヘバーデン結節やブシャール結節のはっきりとした原因はわかっておらず、
遺伝や環境、ホルモンバランスの変化など、様々な要因が絡み合って発生し、40代以降の女性に多く発症するとされています。
そのため、痛み止めを処方されるだけか、重症の場合は手術といった両極端になります。

ですが、東洋医学では症状や結果(指の痛みや変形)だけに対処するのではなく、その人の全身の状態やバランスを診て判断するので対処法は存在します。

私は治療の道に入って20年、数々のヘバーデン結節や指の変形を診てきていますが、
ヘバーデン結節になる人には、大きく3つの要因が考えられ、そのうちのいずれかもしくは複数があります。

一つ目は血流が悪く、末端の組織に栄養や酸素が行きにくくなっている場合。
二つ目は呼吸が浅く、末端への酸素供給が不足している場合。
三つ目は胸腺や腋窩のリンパ液の滞りです。

一つ目の血液の流れが悪くなるのは心臓疾患の場合もありますが、多くの場合は姿勢が悪くなることにより、上半身のある部位で血管が圧迫されて、
血流が悪くなりがちです。

二つ目の呼吸が浅くなるのは、長時間のデスクワークや手元の細かい作業などをする人は姿勢が猫背になりがちで、、
胸骨や肋骨が固く動きにくくなるため、呼吸が浅くなり、末端への酸素供給が不足するからです。

三つ目の胸腺や腋窩のリンパ液の滞りの原因は、ストレスや緊張、運動不足、睡眠不足、偏った食事、薬の副作用などいろいろありますが、
その対処法として、身体のバランスを良くすること、バランスの良い食事、規則正しい生活を心がけることで改善しやすくなります。

以上の要因を総合して考えると、ヘバーデン結節には、実は、「姿勢(身体の使い方)」が関係しているのです。

無理な姿勢で手をよく使う人は発症しやすい傾向にあります。
その結果、軟骨がすり減ったり、骨が変形することによって、痛みや動きの制限をきたします。

改善へのポイントは姿勢を意識すること

病院では軽度の場合、ステロイド注射や投薬治療で痛みを軽減する処置がなされますが、それはあくまでも対症療法で、根本的な改善につながるわけではありません。

また、実際には対症的な処置では症状もあまり変わらないことも多く、改善を諦めてしまっている方も多くいらっしゃいます。

ステロイド注射や投薬治療で痛みが良くなったとしても、身体の機能としては改善したわけではないので、
また別の箇所が腫れたり、結節ができりして再発することも少なくありません。

ヘバーデン結節は「体のゆがみ」が関係しているので、その原因となっている腕や指のねじれ、身体全体のゆがみを改善すること、そして正しい身体の使い方をすることが何より大切なのです。

その点で、整体や鍼灸治療は腕全体の構造を整えて、腕の機能を正常に回復させる効果が高く、ヘバーデン結節はもちろん、
姿勢やバランスも良くなり、再発を防ぐ効果もあります。

ヘバーデン結節(指の変形)には鍼灸や整体がおすすめです

先にも述べましたが、ヘバーデン結節は肩甲骨、肩、肘、手首などの関節に悪いクセがつくことによって上腕や前腕が動かしにくくなり、手首が固く、血流が悪くなったり酸欠状態になることによって指の関節に滞りが起こり、痛みや変形が起こります。

骨格や筋肉を整えるのは整体や鍼灸治療が得意とする分野です。肩甲骨、肩、肘、手首のねじれやゆがみを矯正し、全身の筋肉を緩め、安定した姿勢へと導きます。

さらに、当院の行うヘバーデン結節の治療は、多くの整体院や整骨院で行われているテーピング療法や電気療法は行わず、そもそもの原因である腕や指のねじれを矯正し、全身のバランスを整え、再発しないための姿勢指導から、腕を機能的に動かせるようになるためのセルフケア指導など、多角的・総合的に行っていくので、ヘバーデン結節の方にとって理想的なアプローチが可能なのです。

病院では、多くのヘバーデン結節が経過観察になってしまうため、根本的な改善は見込めず諦めて放ったらかしになってしまうケースが多いのですが、軽度であれば根本改善は十分可能ですし、重度の場合でも痛みの改善・軽減は可能性があるので、諦めないで整体の治療も選択の一つに入れていただければと思います。

そしてこれまで数多くのヘバーデン結節の患者さんと向き合ってきた当院にご相談いただければ幸いです。

喜びの声をいただいています

T.Kさん・主婦・40代女性

★よろこびの声・ピックアップ★

友人の紹介で整体をしてもらいました。 もともと冷え性で頭痛持ち、体がだるい感じでしたが、 施術をしてもらったあとはタコのようにふにゃふにゃと力が抜けてリラックスして、その日はぐっすり眠れました。 驚いたのが腎臓辺りをマッサージしてもらった時に、痛みもないのに涙が勝手に出て来たことです。聞けば、腎臓は緊張や不安を溜め込んでいる臓器なのだとか。 無理に納得させてたこともたくさんあるなあと、体と心のつながりを実感しました。 あと意外にも素直な自分の体がなんだか誇らしく思えました。 自己治癒力を高めたい人におすすめです。

交野市で当院が選ばれる
6つの理由

理由1詳しい検査で、症状の原因を追究するから

一般的な治療院では、簡単な問診と検査だけで施術を進めることも少なくありません。

当院では、画像を用いた姿勢分析検査、筋バランス検査、自律神経検査、ストレス度チェックなど、 病院でもあまり行わない十数種類の検査を行っています。 それらの客観的な検査データとカウンセリングに基づいて、あなたの症状の原因を探ります。

理由2あなたに合わせた最適な治療計画を提案できるから

当院では、行き当たりばったりやその場しのぎの施術は行いません。 問診や検査で得た情報と、20年以上の経験、4万人以上の豊富な臨床データを 照らし合わせて、あなたに最適な治療計画書を作成・提案いたします。

計画的に進めるので、あなた自身もお体のことをより深く理解でき、 不安なく通院することができます。

理由3高いレベルのオリジナル治療で施術するから

鍼灸や整体、西洋医学、オステオパシーなどを取り入れた 【ひぐち式バランスセラピー】は、 ソフトな刺激で結果を出せるオリジナルの治療法です。

関節の痛みや筋肉のコリ、体のゆがみといった症状から 自律神経やストレス、生活習慣にまで対応できる施術です。 また再発しない体を前提にして、自分で対処できる体になることを一緒に目指していきます。

理由4地域で高い評価を受ける治療院だから

おかげさまで、当院では日々、たくさんの喜びの声をいただいております。 大手口コミサイト「エキテン」やグーグルマップでも高い評価を受けております。

また勉強会や健康教室の講師の依頼をいただくのも治療技術や幅広い知識で高い評価を 得ている証拠だと自負しております。

理由5医療機関と提携し、推薦されているから

「大潤会グループ」や「野口基礎医療クリニック」といった 医療機関と提携し、当院で対処できない症状や判断が難しい場合は、 そちらで最適な検査や診察を受けていただくことが可能です。

また提携先のクリニックや医師と最先端の医学知識の情報交換を定期的に行い、 信頼できる治療院としても推薦されているので、安心して通院していただけます。

理由6スタッフは全員国家資格を取得しているから

人の身体に触れることなく短期間で開業できる整体の資格もある中、 当院は、院長・副院長ともに国家資格である、「あん摩マッサージ指圧師」、「はり師」、「きゅう師」の資格を取得しています。 これらの資格を取得するには、専門学校で3年間の知識や技術のカリキュラム習得が必須となり、国家試験に合格する必要があります。

また当院はスタッフがたくさん在籍する大きな治療院のように、施術者が毎回変わることもありません。 最初から最後まで、院長または副院長が責任をもって担当させていただきます。

クリーン宣言感染症予防対策実施中

当院は感染症予防対策を行っております。

スタッフの検温や体調管理はもちろん、マスク着用、手指や備品の消毒、換気、清掃を常時行っております。

また他の利用者様と顔を合わさないように、予約の間隔を空けています。

発熱時や体調が思わしくない時は、予約の変更をお願いいたします。

※画像をタップすると、動画をご覧いただけます。

24時間受付中です

当サイト限定 特別なご提案

通常初回料金

9900

初診料

無 料

5500

末まで 初診1日2名 先着10名限定

まず当院の施術であなたの症状が改善可能かどうかを判断させていただきたいので、 当サイトからのご予約に限り通常9900円いただいている初回施術料を5500円にいたします。

ただし、既存の患者様の予約枠確保のため初診の患者さまは1日2名までとさせていただいております。あらかじめご了承ください。

tel.072-860-7184

電話予約はこちら

受付時間 9時~20時

 

メール予約はこちら

受付時間 24時間無休

ID @uop4850u

LINE予約はこちら

受付時間 24時間無休

施術の流れ

初回

カウンセリングシート記入

お悩みや症状をできるだけ詳しくご記入ください。 症状の発生原因を特定しやすくなります。

カウンセリング

カウンセリングシートに沿って、詳しくお話を伺っていきます。 記入もれや途中で思い出したことも遠慮なくお話しください。 どんな些細なことでも結構です。 それが改善への手掛かりになることもよくあります。

検査

お体の状態を検査し、痛みや症状のある部位だけでなく、身体全体のバランスも確認していきます。 根本的な治療をするためには、部分だけでなく、全身を観察する必要があります。

施術

検査結果に基づいて今のカラダの状態や問題点をわかりやすく説明し、方針をお伝えして納得いただいてから施術に入ります。 初回の施術は、様々な検査も加えて、お体の反応を確認しながら、進めていきます。 施術中であっても、気になることは遠慮なくご質問ください。 施術後にもう一度、症状やお体の状態の確認します。 ”あなたの体がどれくらい変化するのか”を体感してください。

今後の流れ・次回のご予約・会計

次回以降の流れをお伝えし、お会計になります。 お会計は、1回ずつお支払いいただく「都度払い」と、お得な割引のある「まとめ払い」を選んでいただけます。 お支払方法は現金のほかに、クレジットカードやPAYPAYなどのキャッシュレス決済がご利用いただけます。 ※次回受診は、検査の分析や計画書が出来上がる3〜4日後が最適です。

2回目

説明

初回の検査結果とサポート計画書の説明を行います。

症状の確認と検査

前回から今日までのお体の変化を確認します。

施術

計画書に沿って施術を進めていきます。

よくいただくご質問

当院は《完全予約制》のため、電話やLINE、メールなどで事前のご予約をお願いしております。当日も施術の空きがあれば、ご予約していただけます。
症状にもよりますが、ほとんどの施術は痛みはありません。心地よさで、”眠ってしまいそう”と言われることも多いです。
普段着で大丈夫です。スーツなどの場合は、お着替えを用意しております。
副作用と呼ばれるようなものはほとんどありません。ただ人によっては施術後の急激な体の変化により、治癒の反応としてだるさや眠気、筋肉痛などが起こることがあります。それらは一時的なもので、しばらくすれば治まります。
VISA・MASTER、またPAYPAYなどのQRコード決済が使えます。
治療室の前に3台ほどの駐車スペースを設けております。予約の際に”車で行きます”とお伝えいただければスペースを確保しておきます。
託児が可能な時間帯もありますので、お気軽にご相談ください。

アクセス

■住所
大阪府交野市東倉治5丁目5-16
(JR津田駅から車で3分)

■電話番号
072-860-7184
完全予約制、新規は1日2名まで

■受付時間
9時~20時

当院までのアクセス

JR学研都市線津田駅の改札を出て、右に進み、地下通路を通ります。(画面では左へ)
西ロータリーを右方向(創価学園グラウンド方面)へ進み、マンションの間を抜け、公園、駐輪場を通りすぎます。
正面に創価学園のグラウンドが見えます。グラウンド前の交差点を左折し、坂道を第二京阪の方へ進みます。
坂道をさらに第二京阪の方へ進みます。
第二京阪をくぐり、一つ目の路地(駐車場の角)を左折します。
路地の突き当りを右折します。
路地の一番奥に当院がございます。
24時間受付中です

当サイト限定 特別なご提案

通常初回料金

9900

初診料

無 料

5500

末まで 初診1日2名 先着10名限定

まず当院の施術であなたの症状が改善可能かどうかを判断させていただきたいので、 当サイトからのご予約に限り通常9900円いただいている初回施術料を5500円にいたします。

ただし、既存の患者様の予約枠確保のため初診の患者さまは1日2名までとさせていただいております。あらかじめご了承ください。

tel.072-860-7184

電話予約はこちら

受付時間 9時~20時

 

メール予約はこちら

受付時間 24時間無休

ID @uop4850u

LINE予約はこちら

受付時間 24時間無休

追伸

あなたが、今の悩みから解放されて、日々、自分らしく過ごせるように

私自身、7歳の時に大きな手術をしました。その後は健康的な生活を送っていたものの、 20代になり2度目の”病気宣告”、そして数か月の入院。 いきなり目の前が真っ暗になりました。なんとか無事退院してからは、体のことを猛勉強し、自分自身や人に治療できるように鍼灸や整体の技術を身につけました。

しかし、世の中にはまだまだ、鍼灸や整体で自律神経の症状や体の痛み、その他の様々な症状が改善する事を知らない人が多く、そのためにどうすれば良いか分からず悩んでいる人が多い事にも驚きました。

一人でも多くの人にこの事実を知ってもらい、治療を受けて元気になってもらいたい

そんな想いから、このサイトを作りました。

このサイトをお読みになった事がきっかけになり、まずは検査を受けて一人でも多くの人がお悩みを解消して、元気になってもらえれば幸いです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
あなたからのご連絡をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

●●・院長 ●●
24時間受付中です

当サイト限定 特別なご提案

通常初回料金

9900

初診料

無 料

5500

末まで 初診1日2名 先着10名限定

まず当院の施術であなたの症状が改善可能かどうかを判断させていただきたいので、 当サイトからのご予約に限り通常9900円いただいている初回施術料を5500円にいたします。

ただし、既存の患者様の予約枠確保のため初診の患者さまは1日2名までとさせていただいております。あらかじめご了承ください。

tel.072-860-7184

電話予約はこちら

受付時間 9時~20時

 

メール予約はこちら

受付時間 24時間無休

ID @uop4850u

LINE予約はこちら

受付時間 24時間無休

更新日: